「山代の別荘は、どんな様子かね…」

「魯山人に会うたびに聞かれました。この家を気にしておられたのですね。」
吉野辰郎氏(吉野治郎氏の孫)は懐かしそうに話してくれました。
魯山人を温かく迎え入れてくれた山代温泉は、安らぎの場所だったのでしょう。だからこそ、この別荘のことを気にかけていたに違いありません。
今も、須田菁華窯やゆかりの宿には、魯山人のエピソードが語り継がれています。

開催中・今後の企画展

企画展一覧