施設案内

施設案内

「魯山人寓居跡いろは草庵」は当時福田大観と名乗った北大路魯山人が大正4年の秋から約半年間生活した場所です。この家は吉野屋旅館の元別荘で、木造瓦葺2階建ての母屋は、明治初期に建てられたと言われています。山代の旦那衆には、茶人や、書画・骨董などに造詣が深い風雅な人たちが多く、この別荘は文化サロン的な場所でした。

2002年より一般公開となり、この母屋と土蔵をロビーで繋ぎ現在の「いろは草庵」の形となりました。魯山人が刻字看板を彫った仕事部屋、書や絵を描いた書斎、山代の旦那衆達と語り合った囲炉裏の間、茶室・展示室(土蔵)などを公開しています。

入館料

一般500円
75歳以上250円
団体(20名以上)420円
高校生以下および障がい者の方 無料

※当館は明治初期の建物で国指定有形文化財となっておりますため、バリアフリー対応が不完全なところがございます。詳細はお問合せ下さい。

開館時間

開館時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日水曜日(祝日は開館)

アクセス

所在地〒922-0242 石川県加賀市山代温泉18の5
連絡先TEL:0761-77-7111
FAX:0761-77-7110

交通機関

飛行機をご利用の場合小松空港~山代温泉/タクシー・レンタカー30分
JRをご利用の場合バス10分(JR加賀温泉駅~山代温泉東口又は山代温泉西口下車)、徒歩10分
タクシー10分(JR加賀温泉駅~いろは草庵)
高速道路をご利用の場合北陸自動車道 片山津IC~山代温泉/自動車20分
北陸自動車道 加賀IC~山代温泉/自動車20分

いろは草庵外観

門の左側には北鎌倉の星岡茶寮から株分けされた百日紅(さるすべり)が植えられており、右手には魯山人の手蹟による「春来艸自生」の石碑が建っています。 母屋までのアプローチは星岡茶寮の石畳を模したものです。 紅(べん)殻(がら)は鉄分を含み、耐久性が強いことから、加賀地方の建造物(紅殻塗りの格子や壁など)によく用いられています。

囲炉裏の間

大観はこの囲炉裏の間で旦那衆たちと語らい、加賀の豊富な食材を使った料理を味わいました。

仕事部屋

大観が刻字看板を彫るために仕事場として使っていた部屋。

書斎

大観が庭を眺めながら書や絵を描いた部屋。文机と青磁の手あぶりは大観が使用したものです。

二階

旦那衆たちが好んだ謡の本などが展示してあります 。

展示室

魯山人作品の常設展示、当時彫られた[吉野屋]の刻字看板、ゆかりのある方達の作品を展示します。

ロビー

寓居と展示室を繋いだロビー。
お茶を飲みながらお庭をご覧ください 。