魯山人との絆

2022年9月22日(木)~2022年12月20日(火)

会期 2022年9月22日(木)~2022年12月20日(火)

明治初期に建てられた吉野屋の別荘が「魯山人寓居跡いろは草庵」として公開されて二十年になります。そこで魯山人が初めて訪れてから晩年まで深くかかわってきた山代温泉との絆を四回に分けてご紹介していきます。

喧嘩別れの多いと言われた魯山人ですが、山代温泉を離れても山代温泉の人々との交流は続きました。星岡茶寮時代はもちろん、星岡茶寮を追われた後も、困窮した魯山人が作品販売の頒布会を頼むほどの信頼関係が築かれました。

また高い技量のある加賀の山中塗と出会ったことで、魯山人は自由な発想を漆芸作品に生かすことができ、芸術の幅を広げていきました。

大聖寺藩主の休息所である長流亭の荒廃に胸を痛め、その修復に一役かった美談も残されています。

第三回は魯山人と山代温泉や加賀との絆をご紹介していきます。

開催中・今後の企画展
更新日:2022年09月15日